住宅の相続時には

報告する

生前贈与は相続税の節税になります。ただ、その場合、贈与税が課されるという別の問題が発生します。しかし、贈与税の非課税制度を利用すれば、その負担を減らすことができます。その一つが、住宅取得等資金の非課税制度です。この制度では、親が子に住宅購入のための資金を贈与した場合、一定額が非課税になります。ケースにもよりますが、住宅を購入できるほどの金額が非課税にならないこともあります。しかし、その金額はとても大きいので、購入資金の一部であっても、子の負担を減らすことができます。あくまでも資金の贈与であり、住宅そのものを贈与しても適用は受けられません。適用を受ける際には申告が必要になります。提出すべき書類もいろいろあるので、しっかり準備しておきましょう。

住宅と共に必要になるのが宅地です。宅地については、空き地を持っている方は、子に無償で貸すというのがトレンドとなっています。なぜ、贈与ではなく貸すのかというと、相続の際に優遇制度の適用を受けられるからです。相続税法には、小規模宅地等の特例という制度があります。故人が事業や居住のために使っていた宅地を、相続した場合、宅地の評価額が大幅に下がるという制度です。本来は、相続開始前はその宅地を故人が使っている必要があります。ですが、例外的に生計一親族が使っている場合でも、適用可能となっています。ただし、故人はその親族に無償で土地を貸す必要があります。この要件を満たせば、相続時に最大で評価額の80%を減額することが可能です。住宅は購入資金を贈与し、土地は無償で貸し付けて、相続税を節税しましょう。

すぐに売却する

銀行に預ける

不動産売却を行なうことで、すぐに多額の収入を得ることができます。親などから相続した不動産などはその時必要でなければ手元に置いておくのではなく、すぐに売却してしまったほうが良いのです。

» Read more

不動産も様々

相続人になる

賃貸物件を探すときには不動産を利用しますが、不動産によっても得意とする物件というものがあるので、事前にネットなどで確認しながら行うのが良いでしょう。最近では賃貸物件にも様々なサービスがついてきます。

» Read more

分譲住宅の良さ

自己紹介する

一戸建てを購入する時、安いコストで抑えられるとして人気の分譲住宅も、最近では多くの人のニーズに答えられるように多くの分譲住宅から自分の好きな住宅を選べるようになっています。

» Read more

多くのサービス

電話で相談している

最近の不動産では多くの設備が充実している物件が多くあります。特にマンションなどの場合は共有設備がかなり整っており、ホテルのようなサービスがついてくる場合もあり、快適な生活を送ることができます。

» Read more

中古の場合

お金の問題

中古マンションを購入するときは、注意しながら選ぶ必要があります。最近の中古マンションは自分で改装することもできるので、そういった点を利用すれば理想のマンションを安く手に入れることができます。

» Read more